国循 オープンイノベーションセンターでの
研究開発が動き出しています

オープンイノベーションセンターでの私たちの役割

心臓レプリカの医療への応用

精密心臓レプリカの開発と個別医療への展開

2019年7月1日(月)より移転した、国立循環器病センターの研究開発拠点「オープンイノベーションラボ」に中小企業では唯一弊社だけが認められ、この度入居いたしました。

国循の移転と同時に開設されたオープンイノベーションセンターとは革新的な技術・製品を生み出すための企業・大学・研究機関の知識・技術が集まった拠点で、その共同研究テーマは創薬から治療法、医療機器、サービスの開発まで幅広い研究が行われます。

我々はものづくり企業としてセンターに入居し、これまで国循と共同研究を続けてきた臓器モデルの更なる開発を進めると共に、医師や研究者、入居する企業の方々と積極的な意見交換を行い、新たなイノベーションを生み出します。

ラボには高性能CADや最新3Dプリンター等を設備し、院内でのものづくりニーズに最速でお応えいたします。

国循とは…

国循とは国立循環器病研究センターの略称です。
国循は循環器を専門とする日本最先端の医療機関であると同時に、循環器病を専門とする医学研究機関で世界発の医療機器を多数生み出しているナショナルセンターです。脳卒中や心臓血管病など、循環器病の高度専門治療と研究を行なっています。
心臓移植は国内最多の121例(2019年3月)で、10年生存率は95%と世界でも最高水準といえます。
国循は病院・研究所・オープンイノベーションセンターの3部門からなります。