当製品は、心拍動下における冠動脈バイパス手術(Off-Pump Coronary Artery Bypass grafting: OPCAB)の
手技をトレーニングしていただくために開発しました。
拍動装置と開胸器、専用の心臓モデルで構成されており、
ディスポーザブル仕様の冠動脈部を取り換えることで反復練習が可能。
また、拍動パターンは、12タイプからお選び頂けます。

製品情報

  • 使用時
  • 収納時
  • 拍動装置
拍動装置仕様 【サイズ】W800mm × H780mm × D430mm
【主な構造】コンプレッサー / 拍動制御システム / 液晶モニター
【色】白
開胸器仕様 【サイズ】
≪開いた状態≫ W580mm × H185mm × D390mm
≪閉じた状態≫ W430mm × H185mm × D390mm
【素材】ステンレス
心臓モデル仕様 【サイズ】W160mm× H200mm× D160mm(成人男性実寸大)
【素材】軟質ウレタン
【色】赤
【再現部位】右心室・左心室 / 右心房・左心房 / 大動脈 / 上・下大静脈 / 肺動脈・肺静脈 / 冠動静脈
  • ※冠動脈はディスポーザブルタイプです。
監修 【心臓部】国立循環器病研究センター 教育推進部長・小児循環器内科 白石 公 先生
【装置】京都府立医科大学 成人心臓血管外科教授
夜久 均 先生 

使用時のイメージ

スタビライザーやハートポジショナーをしっかりと固定可能≪開口部≫W240mm×D230mm
  • ※スタビライザーとハートポジショナーは附属していません。

特長

  1. 01

    冠動脈部を交換することで
    反復練習が可能

    当製品は、拍動装置と専用の心臓モデルで構成されており、OPCABをトレーニングすることができます。冠動脈部はディスポーザブルのため、取り換えることで何度もトレーニングが可能。反復練習により、冠動脈バイパス技術のレベルアップにつなげていただけます。

  2. 02

    12タイプの拍動パターンが
    充実したトレーニングを実現

    当システムは、3タイプの拍動力(low、usually、high)と4タイプの心拍数(50、60、70、90bpm)を組み合わせてご使用いただけます。12タイプの中から拍動パターンを調整することにより、難易度を変えてトレーニングを行なうことが可能。充実したトレーニングを実現します。

ご紹介動画

使用用途例

  • 教育

    • CABGのトレーニングに
  • プロモーション

    • スタビライザーやポジショナーなどの特徴や使い方を説明するため
    • スタビライザーやポジショナーなどの特性を示すため
  • 研究・開発

    • スタビライザーやポジショナーなどの製品を開発するため
    • 心臓に関する新たな術式を研究するため

カスタムモデルも
製作可能

ご要望に応じて、スタンダード臓器モデルをカスタマイズしたオーダーメイドモデルを製作することが可能です。狭窄など疾患の表現はもちろん素材の変更など、さまざまなご要望にお応えします。ご検討の方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。