小児の正常心臓を模した当モデルは内部構造まで精密に再現した軟らかい樹脂製のモデルです。
モデルには心臓内部を確認するためのカットがあるため、構造をより把握しやすいことが大きな特長です。
先天性小児心疾患モデルと比較することで、より理解を深めることが可能です。

  • ※当モデルはVSD患者様のデータをもとに製作しています。

【監修】国立循環器病研究センター
教育推進部長・小児循環器内科 白石公先生

モデルラインナップ

                               
監修 国立循環器病研究センター 教育推進部長・小児循環器内科 白石公先生
再現部位 右心室・左心室/右心房・左心房/大動脈/肺動脈/上・下大静脈/肺静脈/冠動静脈
僧帽弁・三尖弁・大動脈弁・肺動脈弁/乳頭筋
ノンカット
モデル
小児正常心モデルは、ノンカットモデルも製作可能です。ご入用の場合は、こちらまでお問い合わせください。
製品の
貸出し
製品の購入をご検討の方に、モデルの貸出しが可能です。ご希望の方はこちら

特長

  1. 01

    生体データをもとに
    内部構造をより精密に再現

    CTデータをもとに、外見だけではなく内部構造もより精密に再現した軟らかい樹脂製のモデルです。小児心臓の構造を立体的に学ぶためのツールが少ない背景のもと、国立循環器病研究センターに監修いただき、当モデルを開発しました。

    • ※当モデルは、VSD患者様のデータをもとに製作したモデルです。
  2. 02

    内部を観察できるカットがあるため
    解剖理解をより容易にサポート

    カットがあることにより、心臓内の構造や4つの弁の位置関係を様々な角度から観察可能。教科書などではイメージしづらい心臓の三次元構造を頭の中で構築し、解剖理解にお役立ていただけます。心臓外科だけではなく、小児内科や産婦人科でもご利用いただけます。

使用用途例

  • 教育

    • 小児心臓の立体的なイメージを頭の中で構築し、解剖理解を深めるため
    • 手術時の視野展開のイメージに
    • 運針や視野展開のトレーニングに
  • プロモーション

    • 小児用の縫合糸や鋼製小物などの特徴や使い方を説明するため
    • カテーテルや縫合糸、鋼製小物などの特性を示すため
  • 研究・開発

    • 小児心臓に関する術式などの学会発表資料を補足するため
    • 新しい医療機器の開発や検証に用いるため
  • 臨床

    • 患者様への疾患や治療の説明時に理解を促すために使用
    • 外科だけではなく、小児内科や産婦人科の患者様説明に
    • カンファレンスの際、より綿密な手術戦略を策定するため

カスタムモデルも
製作可能

ご要望に応じて、スタンダード臓器モデルをカスタマイズしたオーダーメイドモデルを製作することが可能です。狭窄など疾患の表現はもちろん素材の変更など、さまざまなご要望にお応えします。ご検討の方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。