メーカー関係者向けの
ソリューション

こんなことでお困りではありませんか?

  • 開発デバイスの検証・評価用が可能なモデルが必要。
  • プレゼン、学会展示などに用いるためのプロモーションモデルが必要。
  • 開発デバイスの試作段階で何度も実物の臓器を用いるのは非効率だ。
こんなことでお困りではありませんか?
Solution1
リアルな臓器モデルで、使用イメージをより明確に。プレゼンや商談の際に活用

リアルな臓器モデルで、使用イメージをより明確に。
プレゼンや商談の際に活用

リアルな臓器モデルで、使用イメージをより明確に。プレゼンや商談の際に活用

新しいメディカルデバイスをプレゼンテーションする場において、ウェットラボの臓器を用いるのは衛生面や効率の点から現実的ではありません。また従来の硬質樹脂によるモデルでは実際の臓器に対してデバイスがどのように作用するのかイメージさせることが困難です。実際の臓器に形状だけでなく質感も近い臓器モデルを用いることで、効果的な製品アピールが可能になります。

繰り返し使用可能なモデルで、低コスト・高効率にデバイスの検証、評価が可能に
リアルな臓器モデルで、使用イメージをより明確に。プレゼンや商談の際に活用

繰り返し使用可能なモデルで、低コスト・高効率に
デバイスの検証、評価が可能に

リアルな臓器モデルで、使用イメージをより明確に。プレゼンや商談の際に活用

医療機器の試作フェーズにおいて、ウェットラボモデルを多数用意して評価・検証を行なうのはどんなに設備の整った医療機器メーカーとはいえども大きな負担になります。樹脂製の臓器モデルであれば繰り返し使用が可能なため、一定の動作を何度も検証したい場合などに最適です。また、透明樹脂による可視化モデルなども提供可能ですので、様々な角度から医療機器の検証が可能になります。

Solution3
デバイス開発に必要な部位だけを再現したモデルを作製し、試作開発コストを削減

デバイス開発に必要な部位だけを再現したモデルを
作製し、試作開発コストを削減

デバイス開発に必要な部位だけを再現したモデルを作製し、試作開発コストを削減

特定の臓器に関わる医療機器を開発しているとしても、実際に医療機器の検証に関わるのはその臓器のごく一部だけ、といったケースもあります(たとえば、肺において気管支の部分だけが検証に必要、など)。当社の臓器モデルでは、医療機器の検証・評価にあたって、最小限必要な部位だけに絞って作成することが可能です。もちろん実際のCTデータに基づいて作成しますので、精度の高いデータが取得できます。