お知らせ

手術手技セミナー『dTGAに対する動脈スイッチ手術』の共催について

先日9月30日、日本胸部外科学会内でのCHSS Japan(日本小児心臓外科医会)主催、世界初となる弊社製作の3Dモデルを使用した、手術手技セミナー「dTGAに対する動脈スイッチ手術」を共催させていただきました。学会招請講演者のTwedell先生(Cincinaati, USA)やLange先生(Munich, Germany)も世界初のセミナー見学にお見えになられました。

従来、成人心臓血管外科の分野で、ブタの心臓などを使用したウェットラボは行われておりましたが、先天性小児心疾患の分野では、このようなセミナーラボに適したツールが存在しませんでした。このような状況を打開すべく、京都府立医科大学 小児心臓血管外科教授 山岸正明先生のご提案でCHSS Japanにおけるプロジェクトにご協力させていただき、今回の「Surgical training model TGA」を完成、製作いたしました。

世界初の取り組みとなりましたが、先生方の熱意を持って成功裡に終える事ができ、我々の一つのビジョン「ウェットラボからドライラボ」に一歩踏み出す事ができました。引き続き、我々のMission Visionに向かい進んで参りたいと思います。

CHSS Japan 手術手技セミナーについてはこちら