研究者向けの
ソリューション

こんなことでお困りではありませんか?

  • 医療機器の検証・評価用のモデルが必要。
  • 術式開発の際のモデルが必要。
  • 若手医師を効率的に育てるためのトレーニングシステムを開発したい。
こんなことでお困りではありませんか?
Solution1
低コスト、高効率に医療機器の検証、評価が可能に

低コスト、高効率に医療機器の検証、
評価が可能に

低コスト、高効率に医療機器の検証、評価が可能に

医療機器の開発や検証にあたっては、ウェットラボモデルを用いることが一般的ですが、繰り返し検証を行なうにはコストの面で非効率です。実際の臓器によるデータ取りが必須でない場合は、形状や質感を忠実に再現した軟質樹脂モデルによる検証が最適です。繰り返し使用が可能で、時間による劣化がないため、余裕を持って評価することができます。

Solition2
コストや倫理的な問題をクリアしつつ、新たな術式を試すことができる

コストや倫理的な問題をクリアしつつ、
新たな術式を試すことができる

コストや倫理的な問題をクリアしつつ、新たな術式を試すことができる

新たな術式を検討するにあたっては、大量のウェットラボモデルを用意したり、実際の患者様の手術を通じての臨床データを集めたりする必要がありました。当社の臓器モデルは、実際の患者様のCTデータを基に、狙った症例のモデルを必要な数だけ量産することが可能なので、症例の入手困難さや倫理的な問題点をクリアしつつ新たな術式開発が可能になります。

Solution3
ドライラボ用モデルの開発で、若手医師にリアルな手技トレーニング機会を提供

ドライラボ用モデルの開発で、若手医師にリアルな
手技トレーニング機会を提供

ドライラボ用モデルの開発で、若手医師にリアルな手技トレーニング機会を提供

近年医療現場をとりまくコンプライアンスの向上から、若手医師の執刀機会は減少の一途を辿っています。経験の少ない若手医師にリアルな臓器モデルによるトレーニング機会を提供することで、現場で不足しがちな執刀経験を積んでいただくことが可能となります。時間も場所も選ばずにトレーニングができるため、効率的な技術習得が可能です。