• スタンダード臓器モデル

グッドデザイン賞2013 金賞(経済産業大臣賞) 受賞

研究 / 受賞
20131

株式会社クロスエフェクトの教育訓練用スタンダードモデル冠動脈吻合トレーニング用の拍動型心臓シミュレーターおよび
患者個体ごとのオーダーメイド心臓シミュレーターが、公益財団法人日本デザイン振興会主催のグッドデザイン賞2013の金賞ならびにBEST 100を受賞しました。

審査委員からは、「CTスキャンのデータから1週間で精緻な複製モデルを仕上げ、外科手術のシミュレーションを可能にする医療向けサービス。心臓内腔の再現性が高く、一人ひとりの臓器の大きさや形状を正確に把握できる。また鼓動を再現する『拍動型心臓シミュレーター』と連動させることで、本物の心臓が縮んだり膨らんだりする動きが再現されるため、模擬手術に用いるなど新しい外科手術のトレーニング手法として活用が期待される。医療というやり直しが効かない領域での、貴重なイノベーションである」との評価を頂きました。

受賞紹介ページは、こちらからご覧いただけます。